自動車を運転するにあったて強い見方!自動車保険

自動車保険とは

みなさんはきちんと自動車保険に加入していますか?

わたしは運転に自信があるから、わざわざ保険にはいらなくても大丈夫!なんて思っている方

もいらっしゃるのでは?


そんな勘違いをしていたら今すぐにでも考え方を改め、保険会社に問い合わせることをおすすめします。

いくら運転が上手で、何年も無事故、無違反だったとしても、明日また今日事故をおこしてしまうかもしれません。

もちろん自分の運転に間違いがなく、相手がぶつかってきてもそうです。

いつ何時事故が起きてしまうか分かりません。

ですからもしもの時、あれこれサポートしてくれる自動車保険に加入することをおすすめします。

この自動車保険に入っていれば、事故をおこしたさいの補償は、加入している保険会社が全て伴ってくれます。

事故を起こしてしまったさいご自分でどうにかしようとすると、相手の保険会社に必要以上お金を取られてしまう

可能性もでてきます。入っているのといないのとでは、だいぶ違いがでてきます。

そんな自動車を運転するにあったて強い見方の、自動車保険について紹介していきたいと思います。

そもそも自動車保険とは、人と同じように保険金をかけておくことができます。

それは自動車を保険の対象とし、事故や故障が起きた場合に補償がききます。

これらの自動車保険を大きく分けると、自賠責保険(=自動車損害賠償責任保険)と任意保険の2つがあります。

こちらでは自賠責保険について紹介したいと思います。 

自賠責保険

自賠責保険とは自動車を所有するにあたって、加入が法律によって義務づけられている保険のことをいいます。

この保険に加入している証拠としてナンバープレートがわたされます。ナンバープレートの付いていない車なんて見たこと

がありませんよね。この自賠責保険に入っていないとナンバープレートをもらうことも出来ず、車検を受けることもできません!
ですからナンバープレートが付いている車は全員がこの自賠責保険に加入しているということになります。

この保険は交通事故などで被害者が負傷を負った場合、最小限の補償を受けることができます。

しかし補償されるものとして、自動車で人を撥ねてしまったとき、もしくはケガや死亡などをさせていまった場合のみ

補償されます。しかし他人のみであって自分のケガや損傷などは一切補償しませんのでご了承ください。

またものとして、ガードレールや電柱にぶつかり破壊してしまったさいにも補償はききません。

あくまでもこの自賠責保険とは、事故を起こしたさいに「人=他人」にのみ補償がきくということです。


自賠責保険の特徴として、「最小限の補償」とありますが、この最小限の補償限度額は120万円となっています。

ですから事故で相手をキズつけてしまったり、後遺症を負ってしまった、もしくは死亡にいたるなど、大きな事故に

なってしまったさいには、このような補償額だととうてい足りませんよね。

そこで次はこのように大きな事故を起こしてしまった場合、あった補償をうけることができる任意保険について紹介します。

おすすめWEBサイト 5選

大森 税理士
http://omori.q-tax.jp/
買取を上野で依頼
http://brand729.com/shop/ueno-ameyoko

最終更新日:2016/8/18

自動車Get you-!

当サイトはリンクフリーとなっております。ご自由にリンクをお貼り下さい。バナーが必要でしたらこちらをお使いください。なおリンクを貼るさいのご連絡は不要となっております。

copyright(c) 2009 『自動車 Get you-!』 all rights reserved.